Wisps

Just Another Journal - T.T.

「The Girl Who Takes An Eye For An Eye」を読みました

 2019 #13

日本語では、ミレニアムシリーズと呼ばれているのでしょうか。スティーグ・ラーソン亡き後、第二作として書かれた The Girl Who Takes An Eye For An Eye を読みました。

Wikipediaによると、スウェーデン語で書かれた同書のタイトルは、英語に直訳すると"The Man Who Chased His Shadow" というのだそうです。

読み終わって、さて、ここに記録を残しておこうとして調べたところ、原題はそのようだということで、やっと納得が行きました。

なぜかというと、読みながらずっと感じていたことが、The New York Timesのレビューとして書かれていたということです。

The review in USA Today calls Salander a fascinating character, and warns potential readers the reviewer thought she was not present for too much of the novel.

まったくの同感です。

SalendarとBlomkvistのキャラクターをこよなく愛する一人として、もっと彼らを取り巻く世界で物語が進んでくれていたらもっともっと手に汗を握ることができたのに、という思いは隠せませんが、だからといって、Salendar、Blomkvistというキャラクターを使いながら、こうした小説に仕上げてくれた作者には、畏敬の念を持ちます。

双子をめぐる策略に満ちたこの世界に関しては、非常に面白く読みました。

第三作目もOn its wayとのことです。どれだけ批判が多いとしても、あるいは、読みながら、どれだけ首をかしげるところが多かったとしても、SalendarそしてBlimkvistという偉大な二つのキャラクターの周りで展開するストーリーは、それが続く限り(あるいは、できれば、この先ずっと続いてほしい)、僕は本を手にすることになると思うのです。

 

 

GIRL WHO TAKES AN EYE (EXP) (Millennium Series)

GIRL WHO TAKES AN EYE (EXP) (Millennium Series)

 

 

外資系コンサルの知的生産術」を読みました

2019 #12

何かの拍子に、著者のブログを見つけて、かなりの興味を持ってそれを読んだので。 

早速、イケスをEvernoteに作ることに。

 

「レイヤー化する世界」を読みました

2019 #11

著者の本を読むのは2冊目となります。

一冊目は、これでした。

 今回読んだのは、「レイヤー化する世界」でした。

後半に現れるメッセージは、上述の本がその実践編ととらえると、この本は、その概念を結論としながら、その前段で、より世界を歴史から俯瞰し、大きな流れに生きる、ちっぽけで、ちょぼちょぼな自分に気づきを与えてくれます。

歴史から見た世界の成り立ち過程に関する記述は、本当にパワフルで、グイグイと引き込まれました。

ウチとソトによって成り立っていた世界が限界に来ていること。これについては、肌感覚として誰もがボワッと感じていることなのだと思うのですが、著者の力強い筆跡を通し、「ああ、もはや」と感じさせられます。

大きな世界に住む、小さな自分により光があたって、「さて、これからどうしていこうか」と自分のみならず、自分の子供達に伝えていくメッセージに関しても考えさせられました。

レイヤー化する世界

レイヤー化する世界

 

 

「メタ思考トレーニング」を読みました

2019 #9 Again

普段の思考を「メタ」に持っていく、ということがここ何ヶ月か気になっていたので、それでは、その「メタ」とはどういうことなのか、ということを明らかにしたくて、この本を読みました。

読んでみてわかったことは、自分が影響を受ける多くの人々が、その「メタ思考」を行っているということでした。

チャーチルなんかは、その例です。

アナロジー思考などは、過去の自分を振り返ると、それをすることで、前に進むヒントを得てきたことがあります。

また、Whyを繰り返すといったことは、様々な場面で、知らずしらずに行っていることであることも気づきました。

しかし、本当に大切なのは、それが意識的に行えているかどうか、という点なのではないかと思うにいたります。その意味では、この本を手にとった価値は十分にあったと言えるでしょう。

様々な演習問題は、気づきを深めるという点において、とても役立ちました。

 

 

「Finding My Virginity」を読みました

2019 #10

実はVirginグループのリチャード・ブランソンが書いた本や、彼のブログ、Twitterなんかをここ何年かフォローし続けてきています。

デニムに白のシャツ、それにダークなジャケットでどこにでも現れ、いつまでも若々しいブランソンさんのことを、心のどこかで憧れているのだと思います。

彼の書いた、Autobiography、つまり自伝はそんな彼の魅力をたっぷりと感じられる内容でした。

そして、僕自身もライフテーマとするようになった、「死ぬまで上昇エレベーターに乗り続けようとする」彼の生き様や、考え方、そして事業を興し続ける姿勢には、非常に刺激になるものがあります。

「もし今、無一文になったとしたら」という質問への彼の答えは特に刺激になりました。

リチャード・ブランソンというと、とにかくBig Smileという印象があるのですが、その裏にある、彼の冒険に対する深い畏怖の念、パートナーや彼に関わる人々への深い愛情、そして、嫌いなものは嫌いとハッキリと言う、その姿勢に深く打たれます。

とても長い本でしたが、どこを切り取ってもとても興味深い話ばかりでした。

彼の最後の言葉、「There's a lot of things today that I want to do. Screw it. Let's do it.」

軽やかに今を生きるリチャード・ブランソンの最高の言葉だと思います。

Finding My Virginity: The New Autobiography

Finding My Virginity: The New Autobiography

 

 

「メタ思考トレーニング」を読みました

2019 #9

 決してボリュームがある本ではないのですが、その中で繰り返される演習問題が非常にためになりました。脳みそをギュンギュンしぼられる感覚を覚えました。

上位の思考にたどり着く、Whyの思考は、同調圧力が多くの場合働くことのある営業の場面で、「もうひとりの自分との対話」を、頭の中で静かに行うのに役立っていることをすでに感じています。そして、その結果、目の前のクライアントに対して、的確かどうかはわからないけれども、少なくとも商談をグイと前に進める力を持った「質問」にたどりついていることも肌感として感じています。

もちろん、このセルフトレーニングは今後も継続していくことが必要で、これを繰り返すことにより、もっと角度の高い対話を行えることに繋がるのだろうと感じています。

そして、アナロジー思考。本書の特に後半で、ビジネスへの応用が展開されていますが、これは非常に面白かった。視座が広がるというのでしょうか。そういったことを感じています。

アナロジー思考は決して著者のオリジナルの発想ではないわけで、同時に、このターミノロジーを使っていはいないけれども、最近良く売れているメモ関連の本も、基本的にはこのアナロジー思考を応用したものだということにも気づきました。

幸い、同じ著者からアナロジー思考に関する別の書籍も出ているようなので、これに関しては、少しテーマとして読み進めることで、もっと自分の中に内在化できたスキルとして身につけたいものだと思っています。

 

 

食べ物魔力

カレーライスが食べたい。

バーモントカレーやら、S&Bのカレーパウダーを小麦粉で炒めたようなカレーやら、そういったクラシックでドメスティックなカレーライスが無性に食べたくなっている。

気づけば、そんなカレーライスを食べたのは、ずいぶんと前のことだ。

明日は、いつものおばあさんの定食屋で、味噌汁がついてくるカレーライスを、大盛りで食べよう。

大きなじゃがいもと、大きな人参。そして、玉ねぎのかけらが入っていたら嬉しい。肉なんか入ってなくたっていい。貧乏だった子供の頃食べた、やさいばっかりのカレーライスでいい。

カレーライスが食べたい。